水ができるまで

#

水 はわたしたちのくらしの中で、どのようなはたらきをしているのでしょう。水は、わたしたちが飲んだり、食事のしたくや、毎日の生活に欠かせないものです。 そのほか、学校や病院、工場、公園などでもたくさんの水を使います。また、おそろしい火事を消すのにも活やくしているのです。このように、水道の水はわた したちのくらしに欠かすことのできない大切なものです。

 

西佐賀水道では、嘉瀬川からの水を取り入れ、飲み水をつくる浄水場へ送っています。浄水場についた水は、いろいろな施設を通り、ゴミや砂などを取りのぞきます。そして消毒をして、きれいな安心して飲める水にし、水道のパイプを通してわたしたちの家庭や学校に送られます。


#

1.沈砂池
水の中にまざっているゴミや砂を取りのぞきます。
2.活性炭注入設備
活性炭を入れて水の臭さを取り除きます
3.取水ポンプ
沈砂池の水をポンプでくみ上げ、沈でん池へ送ります。
4.沈でん池
沈砂池でとれなかった小さな砂やゴミなどを、いろいろな薬を入れて、小さなかたまりを作りしずめます。
5.ろ過池
沈でん池できれいにした水を、さらに砂の層を通してきれいにします
  6.塩素注入設備
塩素という薬品を入れて消毒し、安心して飲める水にします。
7.浄水池
きれいになった水をためておく大きな水そうです
8.送水ポンプ
きれいになった水を配水池へおしあげる機械です。
9.配水池
きれいな水をためておく大きな水そうで、ここからそれぞれの家へ水を送ります。

 

#
Q1.水道の水ができるまで、どのくらい時間がかかりますか?
川の水が浄水場の沈でん池やろ過池を通してきれいな水となり、消毒して水道の水になるまで約3時間ぐらいかかります。  
     
Q2.西佐賀水道の水は、どこの人たちが何人ぐらい使っていますか?
佐賀市(久保田町)、小城市(三日月町、牛津町、芦刈町)、白石町(福富)の人たちで全体で約4万人が使っています。
 
 
Q3.水をくばるパイプの大きさと長さは、どのくらいありますか?
パイプの大きさは5cmから60cmの大きさがあります。このパイプを全部つなぎあわせると約300kmにもなります。これはJRの線路にすると佐賀から広島までの長さとなります。  
     
Q4.なぜ水道がつくられたのですか?
水道ができる前までは、川の水や井戸の水を使っていました。しかし川の水や井戸の水にはバイキンやゴミがまじっており、せきりなどの伝染病がはやりました。そこで、みんなが安心して水を使うことができるようにするため、水道がつくられました。