豆知識

水道管にも冬支度を

◆夜の冷えこみにご注意
気温が摂氏マイナス4度以下になりますと、防寒の不完全な水道管は凍ったり、破裂したりします。とくに多いのは、次のような例です。
(1) 水道管がむき出しになっているところ
(2) 水道管が北向きにあるところ
(3) 風当たりの強いところにある水道管

 

◆水道が凍って出ないとき
タオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて溶かします。熱湯をかけると破裂やひび割れすることがありますので、ご注意ください。

 

◆防寒の仕方
保温材をまきます。じゃ口が破裂しやすいので、完全に包んでください。手近なものとして、毛布、布などを利用してください。なお、これらが雨などで濡れないように、上からビニールなどを巻いてください。
メータボックスの中に使い古しの毛布や布切れなどを入れ、メータボックスの上にダンボールなどをのせて保温してください。

 

寒さから水道管を守りましょう
寒さの厳しい冬が訪れ、夜に冷え込んで気温が氷点下の日が続くと、凍結による水道管の破裂が多くなります。風当たりの強い所や日陰、北側にある水道管や量水器(メータ)には、早めに冬支度をしてください。

 

水道管の防寒具
水道管に防寒具をつけていない家庭では、早めに当企業団指定給水装置工事事業者に依頼して保温材を取りつけるようお勧めします。

 

メータの防寒具
メータは、ビニール袋に発泡スチロールや布などを詰めたものをメータボックスの中に入れ、さらに段ボールなどを載せて保温してください。