豆知識

水道水Q&A

  家庭の水道が故障したとき
# #  家庭内の水道管が割れたり、蛇口などが故障して修理できないときは、止水栓(メーターボックスの中かその近くにあります)で水を止めるなどの応急処置をされたうえ、企業団指定給水装置工事事業者又は企業団にご連絡ください。

 

  道路で水漏れしていたら
# 道路部分(公道部)で水もれを見つけたら、わずかでも企業団までご連絡をお願いします。
※ ただし、水もれ箇所が道路と民地の境付近で水もれしている場合もご連絡をお願いいたします。
#

 

  水道の水が出ないときは
#  水道の水が出ないときは、まずほかの蛇口を確かめてください。1つだけ水が出ないときは、どこかのバルブが閉っているか器具の故障が考えられます。ご家庭で直せないときは、お近くの指定給水装置工事事業者または企業団に連絡してください。
ほかの蛇口も水が出ない場合は、水道メータの横にある止水栓が、開いているか確かめてください。
アパートやマンションは、受水槽のポンプなどが故障することがあります。ポンプが止まると建物全部が断水してしまいます。受水槽は所有者の管理ですの で、アパートやマンションにお住まいのかたは、管理人さんまたは建物の保守管理会社にご連絡ください。
水道管の破裂などの事故の場合は、緊急の修理のため、やむを得ず断水するときがあります。企業団では断水の起きないよう努力していますが、緊急に断水するときは広報車でお知らせしますので、ご協力をお願いします。
 
 
水がでないときのチェックポイント
ほかの蛇口は水が出る
器具の故障なので、直せないときは水道工事店に修理を依頼する
全部の蛇口の水が出ない
○止水栓は開いているか
 水道メータの横にある止水栓を確認する
○受水槽のポンプは正常か
 異常があれば管理人または保守管理会社に連絡する
○断水の広報車が来ている
 緊急の断水なので、しばらく待つ
原因が分からないときは、企業団に連絡してください。
 

 

  白い水が出る 数秒後に透明になる場合
# 原因
水道水をコップに入れた時、下の方から徐々に透明になる場合は空気によるもの。給湯設備の場合は、水道水が急激に加熱され、溶存している空気が放出され、白濁することがある。
対策
空気による白濁は、放置により透明になり水質異常によるものではなく、安全性の上で問題はない。給水装置等水道設備で負圧になる原因調査が必要。
#
  煮沸により、油膜発生、白濁する
# 原因
亜鉛めっき銅管から溶出する亜鉛によるもの。煮沸により水表面に油膜状の物が形成され一層白濁してゆく。水の滞留時間が長い程発生しやすく、開栓直後に多く見られる。亜鉛の溶出しやすい管内では腐食がかなり進んでおり、時間と共に赤水の発生も見られる。
対策
開栓時の水を捨水する。亜鉛の溶出が著しい場合は、材質の異なる管種に布設替えを行う。

 

  赤い水が出る
#
# 原因
配・給水管の鉄錆が起因し、赤水の継続時間や発生地域により原因が推定できる。
対策
一軒だけの場合は、開栓時の水をしばらく捨水するか、布設替え、あるいは老朽化した配管を取り替える。広範囲の場合は配水地域の管内洗浄および水質が安定するまで捨水する。
※鉄分は必須栄養元素で毒性が弱く人体への影響は通常の摂取量では問題ありません。

 

  黒い水が出る
#
# 原因
水道水の中に溶存している微量のマンガンイオンが残留塩素で酸化され、配水管内に付着した二酸化マンガン等が水の流動変化等で剥離するために起こる。
対策
開栓直後の一時的現象の場合は、透明になるまで捨水する。長時間にわたる場合は、配水管本管に起因するため、本管の洗浄、捨水を行い、同時に浄水処理工程での除マンガン処理を強化する。

 

  カルキ臭(塩素臭)がする
# 原因
水道水は衛生上、塩素消毒が義務付けられているため、残留する塩素によって塩素臭を感じる。配水地域や個人差によって感じ方に多少の差はあるが、衛生的に給水されていることを意味している。
対策
塩素臭は水道水が病原菌等の汚染から守られた安全な水である証拠で、この臭気が気になる場合は、煮沸後、冷やすことで解消される。また、家庭用浄水器でこの臭気を除去する性能を有する製品もある。
#

 

  カビ臭がする
# 原因
停滞水域の湖沼や貯水池で、夏期に藍藻類や放線菌のある種が異常繁殖を起こし、かび臭障害を起こす。また、大雨による河川増水で河床の底泥が巻上げられて、水にかび臭や土臭をつけることもある。
対策
一般的には活性炭による除臭処理が用いられる。かび臭は、腐敗菌や病原菌のような不衛生なものではなく、河川や湖ならどこにでもいる微生物が細胞内で産生した物質であり、安全性に問題はない。
#

 

  ご使用量が多い
# こんな時はまずチェックしてみましょう
普段よりもご使用量が多い場合には、水漏れしていないか確認していただくため、メモを入れさせていただくことがあります。ご使用量が増える要因としては、
◆ご家族の人数が増えた
◆業種の変更など水道ご使用の形態が変わった

などが考えられますが、ご使用状況に変化がなく、次のいずれかに思い当たることがあれば水漏れの可能性があります。
◆トイレで水がチョロチョロ流れている
◆じゃ口から水がポタポタ落ちている
◆水まわりの壁や床が濡れている
◆地面の同じ所がいつも濡れている
ほんの少しの水漏れでも、長時間では思わぬ量になります。水漏れに気づかれたら、お早めに指定水道工事業者または企業団へご連絡ください。
上の項目に当てはまらない場合でも、発見しにくい箇所で水が漏れていることも考えられます。次の【調べかた】を参考に、一度お調べください。
 
【調べかた】
家中のじゃ口を止め、しばらくの間、メータをごらんください。
メータの赤い針またはパイロットが動いていたらどこかで水が漏れていますので、お早めに指定水道工事業者または企業団へご連絡ください。
【水漏れがひどいときは元栓を閉めましょう】
水漏れがひどいときは、まず水を止めてください。メータボックスのふたを開けて、元栓(止水栓)を矢印の方へ回すと水は止まります。

 

  元栓(止水栓)の閉め方
# 水道の元栓を閉めます
器具に止水栓が付いていない場合や位置が分からない場合は、家屋全体の水道の元栓で水を止めます。右(時計まわり)にまわすと閉まり、反対に左にまわすと開きます。水道メーター近くに付いていますが、場所や形は建物の種類や新旧によって異なりますのでご注意ください。
戸建住宅のほとんどの場合
宅地内の地面にあります。
集合住宅(アパート、マンション)の場合
玄関横のパイプシャフト内にあります。